お!

クイナ

初掲載

通り掛かりに何かが動いたような。。。クイナ!

この日は早朝に鳥見。

少し薄暗かったので警戒心が無かったのだろう。

かなり大胆で目と鼻の先で活動していた。

ざっくりと耕した田圃で採餌中。

時には3mまで。

ほぼ水辺だけに居るかと思ったけど、水の無い場所にも居るんだ。

久しぶりに見たクイナ。

今年は1度見に行ったけど、その時はダメだったから、今回の出会いは嬉しい。

しかも偶然。

感謝。

ふたたび

モズ

頭と背中がグレーなモズ、所謂、高原モズを見付けました。

以前のに比べると、少し只モズ系でした。

枝の中に何か物体が。。。双眼鏡で見ると、モズ。

「ん?、モズってこんな色だったっけ?」

頭がグレーなのはシマアカか?オオモズか?

ワクワクしながら近寄ると。。。

「腹が見えた!」

あ~~~、赤いよ。。。高原モズか。。。

落胆。

「まあ、只モズよりは良いか。」と、偉そうに。

夏場の高所に行かずとも近くにも居るんだな。

他にも居たが、この個体はやけに警戒していた。

繁殖期は同種とも争いが起こるし、警戒するのかもなあ。

以前撮ったのはこちら↓

昔のこの個体の方がグレー味が強かった。

これも腹の縞々が無いから、オオモズとは違う。

当時は、おぉ!とか思ってた(笑

もう一度会いたいなあと思ってたから、良かった。

さえずり

ヒバリ

盛んに囀っていました。

コウボウシバもかなり穂を伸ばして、春ですねえ。

いつでも飛び立てるような姿勢。

この個体はかなり臆病。

ここでは人との接点が少ないからだろう。

なんだか社会の縮図の様な感じがして、撮影。

朽ちた木、無造作に捨てられているプラスチックゴミ、枯れた草。

荒廃した世相のような、そんな世に普通に生きてる強さを感じました。

アメリカと朝鮮、どうなってしまうのか。

戦争が起こるなら日本は巻き込まれる可能性があるだろうから、

のほほんとはしていられない。

中々、怖い情勢。

何羽も

ユリカモメ

浜に野暮用で行ってみると、頭が黒いのがたくさん居る!

すぐに家にカメラを取りに。。。

カメラを取りに行く前は浜に居たんだが、来てみると海に浮かんでた。

距離は30m程だから、浜に居ても同じ位しか近付けないので同条件。

まだ、斑な個体も居て、移り変わりが見れて面白い。

手前から、かなり夏羽、まだまだ、ちょっと夏羽。

大きなあくびを。

あっち行ったりこっち来たり。。。

食べ物がある所へ、行ったり来たりしていた。

今季は見れないかと諦めていたけど、暴風雨のお陰で避難した群れが見れた。

荒天が良いこともある。

感謝。